名言の鐘 (心に響く名言集) 
 名言は心に響く鐘の音のようなものです。  私、呟き尾形の心に響いた名言を紹介したいと思います。

プロフィール

呟き尾形

Author:呟き尾形
名言の鐘は、私、呟き尾形が過去に出会い、心に鐘の音のように響いた名言、金言、格言、ことわざ各種を、紹介するblogです



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こどもの日

●こどもの日
5月5日はこどもの日です。
 こどもの日は、日本における国民の祝日の一つで、こどもの健全な発達を願う日です。
  古来は、5月5日は「端午の節句」といって男の子の健全な成長を祝う日でしたが、1948年に定められた国民の祝日法によって「こどもの日」として広く親しまれるようになりました。
 祝日法2条によれば、こどもの日は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨となっています。
 さて、端午の節句は、菖蒲の節句とも呼ばれ、邪気を払う為、菖蒲や蓬を軒に挿し、粽や柏餅を食べる習慣になっています。
 「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、「午」は「五」に通じることから、元々「端午」は月の始めのの五の日のことでした。
 その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになりました。

 こどもの日は、当初、桃の節句3月3日や、学年が始まる4月1日という案が出ていましたが、3月3日では北海道などではまだ寒すぎ、4月1日はエイプリルフールと重なってしまうと言う理由で却下されたそうです。
 そこで、端午の節句の5月5日にきめられました。

 こどもの日といえば、こいのぼりですが、こいのぼりは、竜門という急流の滝を登りきった鯉が霊力が宿り、龍になるという言い伝えから、こどもが将来出世することを願って庭先で飾られたと言われています。

 日本では端午の節句には、男性は戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じ蘢って田植えの前に身を清める神聖な儀式の日でした。
 しかし、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることから、鎌倉時代ごろから男の子の節句とされ、甲胄・武者人形等を飾り、庭前に鯉のぼりを立てて男の子の成長を祝うようになりました。

 このように、端午の節句は、男の子のための儀式があったことから、「兜」「こいのぼり」「五月人形」を飾ります。
 兄弟姉妹のいる家庭では、男の子に限らず、一緒にお祝いをするのが一般的になっており、更に女の子だけの家庭でも最近は「こいのぼり」を飾ったりするようです。
 行事の参加者は、男の子だけとは限らず、小学校でも男女が一緒になって画用紙で「兜」を折る学校もあるそうです。


★★★呟き尾形のホームページ 白い時計塔のある村の更新情報
 さて、ここからはホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/
 まずは、、エッセイ今日は何の日1月4日 金の鯱鉾の日を追加しました。


 次に、WRPGプエルギガス年代記 、オープニングNPCリプレイ を更新しました。
 次に、 小説4枚の絵画を修正しています。

 



★★★
20120429pa
スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日(記念日) - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。